イベント 2017年6月11日

2017年6月11日の流れ

第3回《発達障害『利他の心』で集う自助カフェ》

事情により内容を変更する場合もありますが、ご了承下さい。

6月11日の申し込みフォームはこちら

自助カフェの流れ

『ボードゲーム』

@『利他の心』〜うどんのお話

A【『知恵の蔵』第2弾 〜うぐっちょさんのメモの取り方・まとめ方!】

B良工房の失敗談

C参加者さんのワーク

【ボードゲームのご案内】

6/11の14〜15時まで、こっぺさん企画でボードゲームを自由参加で開催します。

☆ボードゲームって何だろう?

カードゲームみたいなもので、勝ち負けを重視せず、コミュニケーションをする道具の様な印象です。

この楽しさをぜひ、開場から自助カフェが始まるまでの間(14〜15時)に体験して下さい。

ゆくゆくは、参加者さんワークとして取り上げたいなと思ってます(o^^o)。

あいさつ

〜〜〜コッペさんからのメッセージ↓↓↓〜〜〜

『アナログゲームを通じて人との触れ合いを』

近頃、TV等でも取り上げられているカードゲームやボードゲームといったアナログゲーム。

1人でも家庭用ゲーム機やスマホのオンライン機能により、離れた相手とでも遊べるデジタルゲームと違って、これらのゲームは人が集まらなければ遊ぶ事が出来ません。

一見、不便なように思えますが、人と顔を向かい合わせて遊ぶからこそ他人の感情の機微や、表情を読み取る力を鍛えられ、 人が居なければ成立しないからこそ、ボードゲームを遊ぶ為の場所へ赴いたり一緒に遊ぶ友達を作る為に、行動力がつきコミュニケーション能力が養えます。

僕はアナログゲームを趣味としていますが、あくまでゲームと言うよりコミュニケーションツールの一環と捉えています。

アナログゲームという媒介を通して、普通に生きていて恐らく接点などないだろう人たちと知り合えて、子供のように遊んで笑いあえる事がとても楽しく嬉しいし、 発達障害を持ち人とコミュニケーションを上手くとれない人達にも、そうでない人もこのツールを使って人との触れ合いをたくさんして貰えたら嬉しいです。

@『利他の心』〜うどんのお話

稲盛さんの本から、うどんのお話しを紹介します。

A【『知恵の蔵』第2弾 〜おぐっちょさんのメモの取り方・まとめ方!】

何かに困ったり躓いたりした時、一生懸命乗り越える方法を考えてる時に、突然閃いたりした事ありますか?

私は「おりて来る」と言ってましたが、稲盛さんは『知恵の蔵』と言っています。

生き方という本の32ページより。↓

『この世界の、この宇宙のどこかに「知恵の蔵(真理の蔵)」ともいうべき場所があって、 私たちは自分たちも気づかないうちに、その蔵に蓄えられた「知」を、 新しい発想やひらめき、あるいは想像力としてそのつど引き出したり、汲み上げたりしているのではないか』

そういう発想やひらめきのあった方からお話しを聞いてみたいと思い、企画しました。

今回は【『知恵の蔵』の第2弾 〜うぐっちょさんのメモの取り方・まとめ方!】です!

〜〜〜おぐっちょさんのメッセージ↓↓↓〜〜〜

「題名:発達凸凹を生かすためのメモの取り方・まとめ方〜仕事編〜」

発達凸凹を持っている人は、メモの取り方や生かし方が苦手な人が多いようです。

皆さんは、メモをどのように取ったらいいのか分からずに、何回も何回も同じことを先輩に聞いてしまって、怒らせてしまうといった経験はあるでしょうか?

ASDである私も仕事の覚えが悪く、メモも生かしきれていないといった経験があるんですが、 今回発表するようなことをやり始めてからは、仕事覚えが早く、メモをうまく活用されているといった状況に好転しました。

今回発表する内容が、皆さんにとって少しでも役に立てればうれしいなと思っています。

あいさつ

B良工房の失敗談

せっかく閃いて起業したのに、なぜ失敗したのかをお答えします。

C参加者さんのワーク

【皆の特性表作り】

まず内向性と外向性に分かれ、さらに聞いて覚えるのが得意なグループと見て覚えるのが得意なグループに分かれます。 4つのグループ内で好きな事と嫌いな事・その理由などをグループでまとめ、グループ別に発表をしたり表を作りたいと思います。

inserted by FC2 system