《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》喋ったよ

《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》

喋ったよ

2017年3月11日、豊中のキャリアブリッジが行うナリワイカフェに行って来ました。

そのイベントの中での対話で、みんな同じなんだなあって、その美しさに感動しました((o(^∇^)o))

このイベントのテーマは『声にならない声』だったんですが、 会話が進むにつれて、話せるグループと話せないグループに分かれて、 劇仕立てで話すロールプレイというゲームが始まりました。

白熱しましたよ〜((o(^∇^)o))

これ、名古屋でのイベント自閉した14歳の私現るの続きに思えました。

いや偶然なんですよ。

でも、主催者の中にのりさんがいるので、本当に続きに思えたの。

名古屋の時の私は全く喋らなかったけど、今回のロールプレイでは喋ったよ((o(^∇^)o))!

ちゃんとその場で何かを感じた(((o(*゚▽゚*)o)))

すごい進化だ〜(*≧∀≦*)。

ロールプレイでは、色んな人が自分の感じた事をしゃべるんだけど、 私の気持ちと同じ時はうんうん頷いて、頭がスッキリして行くの。

言語化してくれて嬉しいというか。

そして、

「ちょっと待って」

と相手に言った時に私が感じる事は、

「攻撃してる感じがする」

「傷付けちゃう気がする」

って言ったの。

そしたら「そう思っちゃうんだあ」ってビックリな反応が帰って来た。

「自分が『ちょっと待って』って言われたらどう思うの?」って聞かれたので、

「喋っちゃいけない時間だと思ってしまう」って答えたの。

あー私はそう思ってるんだなあ!

って思いました。

そして、これは言わなかったんだけど、「ちょっと待って」って言われると、 「黙れ」って怒られてるような感じもあるなあって思ったの。

ちょっと泣きそうになった。

きっと小さい時に、何かあったんだろうなあ。

これは、私の思い込みだったんだろうなあ。

そして、この後も話は展開して白熱するんですけどね。

全く違った意見なのに、のりさんの言語化で「みんな同じなんだなあ」って思えた私がいたのです。

美しい((o(^∇^)o))って。

愛だなあ。

って。

みんなのど真ん中は愛で出来てるって感じたの。

その美しさをどう書いたらいいのだろう?

人それぞれなので、全員が私と同じではないんですけど、それはね、 きっとその人がその人なりにモンモンと自分で、どうするか考えたらいいんだよね。

めんどくせー!へ続く

inserted by FC2 system