《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》夢が叶ってた

《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》

14歳の私が満足に気付く

2017年4月、私はどうも、いつもと違うと気付いたの。

胸に手を当ててみた。

うんうん、これはやっぱり最近出没する14歳の私。

来た来た来た来た!

そして、その頃の絶望を感じた_| ̄|○。

諦めの人生_| ̄|○

_| ̄|○

はい、よっしゃ、コーヒー飲もうぜ!

じっくり14歳の自分と会話すると決めた。

はい、取り敢えず伸び〜ストレッチ体操で伸び〜!

リフレッシュOK行くよ〜!

いつも携帯してるノートと鉛筆!

「何がしたい?」

って書いたら

「大学行きたい」

って。

そりゃ無理だ。

母子家庭だし・・・

我慢しなさい( T_T)\(^-^ )

と思う私がいた_| ̄|○。

『いや、これは、もう一度人生をやり直すプロセスだから、丁寧に考えようよ』

はい取り敢えず伸び〜! と、気を取り直す。

そして、ひらめいた。

「特待なら無料で大学行けるよ!」

そしたら、私はある事に気付いた。

おいおい私は【利他の心】を学びに大学に行ってるじゃないですか!

月に1度だけど、行ってるじゃあないですかあ

興奮した。

「あー、ほんとだあ(#^^#)」

14歳の私が満足して行くのが分かった。

ふと気がつくと、私は実年齢に近付いている気がした。

生きてたら思わぬ所で巡り会う様に、叶っちゃう事もあるんだねぇ。

イノチはそちらに向かって行くんだよきっと!

だから私は今、思い描いてる10年後が、本当に叶っちゃうんじゃないかと思っている。

小細工なんていらないんだきっと。

ただ、目の前に訪れた『やりたい事!』をやってみたら、きっと素敵な事が起こる!

私は今、【利他の心】を楽しく学んでいる。

それが結果、毎月大学へ利他の心の授業を受けに行くって事で、14歳の私が満足してる。

すごい流れに驚いている!

伝えたいへ続く

inserted by FC2 system