《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》伝えたい

《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》

伝えたい (2016年7月5日)

今考えると、私が思い描いて出来た道を、
コミュニティファシリテーション研究所創始者のノリさんが照らしてくれてた気がします。

そして私は、ただひたすらに道を進んだ感じする。

もーピンと来たものは全部やった。

そしたらね、心の中で本当にやりたいって思ってた事を、気付かない内にやってたの。

そしたら、私の心の奥の奥で、14歳の私が満足し始めたのね。

するとね、現実的にも現れるの、満足する事が! (Rita研の感想とか、まさにそれです。)

起きたこの流れを、経験出来て良かったです。

それでは ありがと さようなら〜( ´ ▽ ` )ノ

ってしたら勿体無いです。

私が体験した事を、沢山の方に体験して貰い、やりたい事を思い描ける場を作りたいです。

そう思ってたらなんと、

今、毎月【発達障害『利他の心』で集う自助カフェ(凸凹を認め活かし合う世界をここに作り、やりたい事を思い描ける場)】をさせて頂いておりますけど、
11月5日はノリさんを講師にお招きして、一般参加もありの『利他の心で集う100人対話』のイベントを、
立命館大学大阪いばらきキャンパス内で開催する事が決定しました((o(^∇^)o))!
(詳しくは後ほど(o^^o))

心強い企画メンバーも集まったし有り難いです!

そして、私の挑戦がまた始まる!

すごく勇気いるけど、私もこのイベントの中でちょっと喋らせて頂くんですよ。

でも、話したらきっと何かが変わる!

どう変わるのかを知りたくて、実験するんです。

『考え方が善ければ、能力や熱意がそこそこでも本当に上手く行くのか?』

例え、アドリブ無理で原稿読むしか方法がなくても、それでも緊張して泣いたらどうしようとか、 それで会場がドン引きしようとも、考え方が善ければ本当に上手く行くのか? っていう、

そういう探求が、私を奮い立たせてくれるんですよね。

これも考えてみたら、今年の5月から「こういう事がやりたいんですよね〜」って、実際に話し始めて、6月には会場が決まり、企画メンバーが集まりました。

そして今7月ですから、たった2ヶ月の出来事なのですね。

すごーい!

『思う』力は道を作る!

って叫びたい((o(^∇^)o))。

あなたのやりたい事は何ですか?

本当にやりたい事を思い描いてみませんか?

今、私が強く思い描いている事

『11月5日のイベントが終わり、会場の扉を開けると素敵な道が出来ていて
自分の思い描いた道を参加者さんが自分のペースで歩み始める。
そういう後姿を、私は拍手で見送っている』

陽氣にいこうよ♪

11月5日 利他の心で集う100人対話!へ続く

inserted by FC2 system