あいさつ

あいさつ

利他の心で集う自助カフェをメンバーと開催している良工房のうづめと申します。

うづめ

発達障害を生きる

 こんにちは、広汎性発達障害のうずめと申します。

 2017年4月より、ファシリテーターをさせて頂いております【発達障害『利他の心』で集う自助カフェ】を、 稲盛経営哲学研究センターRITA LABOと共催で行っております。

これは、RITA LABOが主催する【Rita研 稲盛哲学授業づくり研究会】という道徳の授業のイベントへ毎回参加している際に、 私が「当事者が集まる自助会で『利他の心』を取り入れたら面白そう!」と話した事が縁となり、開催の運びとなりました。【Rita研 稲盛哲学授業づくり研究会】に参加して私が思った事はこちらで紹介しています。

 そして良工房とは、私が以前せっけん教室屋さんを起業して、廃業した小さなお店です。

 ちょっと恥ずかしいお話なので、起業した当時は「エコで世界平和!」を思い描き、色んな人に助けられて営業していたのですが、 3年経った頃には、当初の思いは薄れ「生きていければいいや」という思いに変わってしまい、とうとう廃業してしまいました。

 もし廃業する前に、『利他の心』を取り入れていたら、私は今もせっけん教室屋さんを楽しくやっているかもしれないなあ!と思いました。

 ですので、そういう恥ずかしい話もひっくるめて《人生のやり直し》をしてみたいと思い、今回立ち上げてみました。

 今後も『利他の心』を学び続けながら、自助カフェを続けたいと思います。

 どうぞ、よろしくお願い致します。

《 うずめのプロフィール 》

14歳:強く自閉する

H13年頃 友人に「あなた発達障害だよ」と教えて貰うが、「違う」と言い張った私は普通を目指す。

H20年4月〜H23年5月:良工房起業・廃業

H23年5月〜那智勝浦へ引越し

H23年9月:熊野の紀伊半島大水害を経験&PDSD9ヶ月引き篭もり 

H25年1月:大和郡山の内観療法を体験

H28年10月:病院でアスペルガーと診断を受ける

H29年1月:稲盛経営哲学研究センターRITA LABOの『利他の心』に出会う

H29年3月:14歳からあった自閉が緩む
詳しくは、うずめ日記《自閉した14歳の私が満足したらこうなった》!

H29年4月:【発達障害『利他の心』で集う自助カフェ】スタート

inserted by FC2 system