生活を学ぶ【山小屋】その@

生活を学ぶ【山小屋】その@

生活を学ぶ【山小屋】その@

2019年3月29日記載

15年以上前の話ですが、 世界旅行から帰国して 会社勤めが難しくなった私は 山小屋で(真冬を抜かして)二年間働きました。

山の写真

4月の山小屋

山小屋の仲間との共同生活は、 いざこざがしょっちゅうで大泣きもしたけど、 楽しい時間もありました。

山の写真


山小屋は私にとって、生活を学ぶ場所でした。


・朝早くに起きる。

・ご飯を作る。

・食べる。

・お客さんお見送り。

・山小屋の全てを掃除する。

・休憩する。

・昼ご飯を作って食べる。

・休憩する。

・その日に泊まる人達の準備をする。

・泊まる人を迎える。

・お客さんに夕食を出す。

・自分達も食べる。

・片付ける。

・寝るまでの間、仲間と遊ぶ。

・寝る。


の繰り返し。

他にやることがない。

車が入れる場所から歩いて1時間半の場所に山小屋がありましたから何もない。

昔の地球そのままって感じ。


暇なら目の前の山を登る。

日本百名山の一つだったんですが、住んでるので感覚が麻痺してしまうのか、サンダルや長靴で登るとかは普通でした。

(サンダルや長靴で登山したら絶対ダメですよ。落ちたら死にます。山小屋の人はサンダルでも落ちないし死なない場所を歩いてるつもりですから)


登山にも飽きると、 自分の趣味を山へ持ち込む様になります。

色んな物を持って上がりました!

重いものはヘリコプターで

山の写真

とにかく、山小屋で【生活】してたんだなあって今は思います。

続きは【山小屋の水】についてを書きたいと思います。

戻る
inserted by FC2 system