山の水【山小屋】そのA

山の水【山小屋】そのA

山の水【山小屋】そのA

2019年3月30日記載

「私達が使う山水が下界に流れるのだから、山水を汚してはいけないよ」

15年前に私が働いていた山小屋の先輩に言われた言葉です。


この言葉があったから、私は二年間も山小屋で働けた気がします。

喧嘩もしたけど、もっと大切な事を学べたし、心底では同じ事を考えている人達でした。


当時は山小屋に浄化槽を入れるのが流行ってたみたいで、私が働いていた山小屋でも浄化槽が入りました。


微生物を利用した浄化槽を入れるのに、大学で微生物の研究をしている先生が来てました。


「山小屋の汚水が浄化槽の微生物によって飲めるくらいの水になり、その水が山に流れる」


と言う説明を先生がしてくれました。


「合成洗剤は微生物を殺すけど 石鹸は微生物の餌になる。

だから、必ず石鹸を使って欲しい」


この時の私は先生に夢中で質問してました。

何か大きな気付きでしたし、私の嬉しくなる話ばかりでした。


その頃から私は合成洗剤をやめて、ほぼ石鹸しか使わなくなります。


ちなみに、私は皮膚が弱くてよく痒くなってましたが、石鹸を使う様になって痒さは激減しました。

のちに私は石鹸を作ったり広めたりする流れが起こるんですが、色んな事がそうさせてくれた気がします。


そして今はSDGsカードゲームを企画開催してますし、何だか不思議です。


私には子供がいない。

だから『子供のために』という熱い気持ちはないんだけど、 私の心は願ってるんです。

【普通にある自然を未来に残したいな〜】って

私の人生が、なんかもうSDGsをやるために生きてきた気がする。

戻る
inserted by FC2 system